【風営法が必要?】トランスジェンダー用エピテ―ゼを展開するにあたりわかったこと【警察が騒ぐ】

ライフ
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。

エピャルスの華月です。

トランスジェンダーのFtMさん用のエピテーゼ事業を展開するにあたり、「風営法」の届けが必要なのかな?って思い警察に問い合わせてみました。

そこで、衝撃の事実がわかったのでお話しますね。

風営法とは?

風営法とはスナックやキャバクラといったエッチなお店だけでなく、飲食店にも適用される法律です。

正式名称は「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」。
「風営法」はその略称となります。

「風俗営業」には大きく分けて2種類があり、一つはキャバクラやホストクラブを含む「接待飲食等営業」、もう一つはいわゆる性風俗店の「性風俗関連特殊営業」です。

性風俗関連特殊営業とは?

店舗型無店舗型に分かれています。


店舗型はソープランドやファッションヘルス、個室ビデオ、アダルトショップなどが当てはまります。

無店舗型は、デリバリーヘルスやアダルトグッズの通信販売などが当てはまります。

エピャルスの事業はどれに当てはまるのか?

さて、エピャルスのお仕事形態はどれにあてはまるのでしょうか?
基本的には、FtMさん用に陰茎のエピテーゼをオーダーメイドでお創りし、販売します。

今後はエピャルスで製造したものを、オンラインで購入できるようにしていきますが、そうなると「風営法」のどれに当てはまるのでしょうか?

警視庁のホームページでは、細かく分かれています。

うちは・・・・アダルトショップ?
無店舗型?

直接電話して聞いてみた

考えてもわからなかったので、直接警察署に電話して聞いてみました。

華月
華月

もしもし警察ですか?
生活安全課をお願いします。

は~い。風営法の届け出ね。どんなお仕事なの?

華月
華月

トランスジェンダー(FtM)さんに陰茎エピテーゼを創ってます!

なるほど。ホームページを見てみるね~。

ふむふむ。

これは。。。。性的興奮をそそるものではないから、届け出はいらないかも。

本部に聞いてみるから、時間ちょうだい。

警察本部に確認することに

どうやら所轄の警察署では判断つかないとの事。

しかし、担当の警察官はとってもいい方で、警察本部に聞いてくれることになりました。


問い合わせてわかったこと

華月の中では、陰茎の事業を展開するにあたり「風営法」の届け出が必要だと思っていました。
しかし担当の警察官に話を聞いてみると、以下のことがわかりました。

風営法の基準となるのが、性的な興奮や好奇心をそそるかどうか 。だそうです。



見ただけで、ムラムラしちゃうかどうかってことね。

その基準でいうと、担当の方曰く、陰茎だけの単体は、性的好奇心や興奮をそそるものではない可能性が高い

だそうです。

しかし、現時点では判断できないので本部に問い合わせてみるとのこと。
担当の警察官からの連絡を待つことになりました。

まとめ

陰茎エピテーゼの事業を展開するにあたり、「風営法」が必要か警察に問い合わせてみました。

そこでわかったことは風営法の基準は「性的な興奮や好奇心をそそるもの」かどうかがってことでした。

現時点で、陰茎エピテーゼが風営法の届け出が必要かわからないので、警察本部に問い合わせてくれています。
連絡を待ちましょう。
結果がわかったら、ご報告しますね。

おまけとしてわかったことがあったので、追記しておきます。
アダルトグッズの実店舗を始めるのは法律の規制が厳しくなったので、まず無理ってこと。

そして、黄色の看板にペンギンが描かれている某激安ショップで売られているのは、他の商品も販売しているから、実店舗として成り立っているそうです。

なるほどね~。
世の中には知らない事が山ほどあるんですね。
目からウロコの一日でした。

タイトルとURLをコピーしました