【FtMエピテーゼ】陰毛へのこだわり【ストイックに追及すること】

開発日記
この記事は約4分で読めます。

こんにちは。華月です。
フルカスタムのFtMエピテーゼならば、微細な部分にこだわり、自分に満足のいくものが欲しいですよね?

価値は一人ひとり違います。
あなたはどこに価値を求めますか?

Ephallusに来るお客様は、これまでにあれこれ自分に合うモノを探し物求めていた方が集まる場所です。多少のお金を払ってでも、自分にぴったり合うサービスが欲しいと願うお客様のために存在しております。

そんな質の高いお客様にお応えするべく、華月も日々こだわり抜いた一流の素材や製法を追求しています。

今回はそんな中から「陰毛」についてご紹介します。
まずは、FtMエピテーゼの陰毛へのこだわりをストイックに追及したので、シェアしますね。


陰毛のプロを探し求めて

華月はこれまで数年間「陰毛」のプロフェッショナルを探していました。

そんな時、たまたまウイッグを手掛ける仲間から紹介された変態・・・いえ、プロフェッショナルの方と出会いました。

彼らは某愛人形の毛を手掛ける方たちで、うちのサービスを伝えたところ快く引き受けてくださりました♪

毛の種類

みなさま~。
毛って奥深いんですよ?

髪の毛と違って、太さも違えば色も違う。
髪の毛がストレートだからって、下の毛が同じとは限らないんです。

くるっくるのカールヘアーもいれば、
カールが緩いヘアーと、ストレート気味のヘアーの混合もいらっしゃる。

そうかと思えば、ほぼストレート気味な方もいらっしゃる。

毛の太さも、シャーペンの芯並みに極太の方もいれば、赤ちゃんの毛のように細く、ふわふわの方もいいる。

今言ったのは日本人だけに限るが、人種を超えればさらに複雑になる。




ナチュラルな境界線

FtMエピテーゼをご提供する上で、最も大切なのがナチュラルな境界線です。

エピテーゼを着けるにあたり、自前の毛を落とさなくては装着できません。
装着した後はエピテーゼだとわからないように、自前の残った毛と植毛した陰毛を掛け合わせないといけません。




さて、どうするか。。。。
一度は考えた事があるはずですよね?
ちなみに、1クリックでも買えたりするんですよ。

ポチったヘアーはいかに?

オンラインで売ってるアンダーヘアー

ちなみに、アンダーヘア―だけなら大手オンラインショップでも販売しています。

こちらの画像↑↑↑は、そこで試しに購入してみたものです。
毛は全て同じ太さで、ストレート。
そして変なところから分かれてました。

貼り付ける部分も弱そうで、数回の命かもしれないなと感じました。

ちょっと華月のこだわりには合わなかったけれど、対面やzoom相談でお見せできることはできるかなって感じ。
気になった方は、相談中にお伝えください。


では1クリックで購入できる格安ものと、変態プロフェッショナルがこだわり1本1本植毛した陰毛の違いをお見せします!

陰毛のプロはこだわりが違うよね

寂しいが写真じゃ、このこだわりは伝わらないかもしれない。
まず、毛の太さが混合している。

太いのもあれば、細いのも。
リアルもそうですよね?(観察してみてね)

次にヘアーの色も混合している。
真っ黒1色だけだと、違和感があるもんなんですよ。
真っ黒の中に、黒に近いこげ茶があったり、それより少しだけ薄い茶色があったり。

太さ、色、カール具合が絶妙に混合している。

これは、お客様にお見せするためにサンプルで作ってもらった「陰毛プレート」だが、あなたが実際にフルオーダーで注文してくださった場合には、エピテーゼに直接植毛し、あなただけのこだわりで注文することができる。

まとめ

Ephallusは、こだわり抜いた本物を探しているあなたにピッタリでしょう。

毛の太さ・毛の色・毛の長さ・カール具合・毛の量、さらに自前の毛とどのようになじませるかを想定してお創りします。

何度もヒアリングを重ね、あなたのイメージを形にしていきます。
わがままにオーダーできる魅力的な逸品となるでしょう。


◆ご相談・ご注文はこちら


タイトルとURLをコピーしました